Aura-Soma

オーラソーマのイクイリブリアムボトル

●オーラソーマ Aura-Soma

「オーラソーマ」光の身体という意味の、この美しいボトルを使用したカラーケアシステムは、ヴィッキー・ウォールという女性が目が不自由になりながらも、カバリストだった父から教えてもらった様々な知識と、豊かな感性によって創り出されました。

現在(2015年11月時点)では、115本のイクイリブリアム・ボトルが誕生しており、創始者から受け継いで取り仕切っているマイク・ブース氏によって、まだこれからも、時代の変化に応じて出現してくることでしょう。

選んだ4本のボトル、それぞれに意味があり、クライアントさんが、自分自身でそこに含まれている真実を発見していく、無理強いしないセッションスタイルです。
決して無理強いをしないで、色と共鳴するその人の深い部分を引き出していき、
「全ての答えはその人の内側に在る」ということを公に明言&実行しています。


 オーラソーマのコンサルテーション  Aura-Soma

美しい色彩が二層に分かれている、115本のイクイリブリアムボトルから、4本を選んで頂きます。その選んだ順番にも、意味があります。オーラソーマでは、14色を用いますが、その4本のボトルに現れている、あるいは隠れている色たちから、その方の魂の、深い側面を感じていきます。

オーラソーマでは、無理強いはしません。そして、コンサルテーションの時には、一方的なリーディングでは無く、その方自身が気づかれていくことをサポートしています。
自分自身の光の身体と呼応する色彩に出逢うと、自然にこころが開いていき、オーラが輝いていきます。安心できる空間と、シンプルな流れの中に、プロセスが起こってきます。

コンサルテーションの後には、オーラソーマのプロダクツを使って、ボディのケアをすることを、お勧めしています。光をたくさん含んだオーラソーマの各種プロダクツは、身体を目覚めさせていくパワーに溢れています。

49種類のハーブと49種類の鉱物の、絶妙なブレンドで、素晴らしい色彩と香りのボトルたち。天の啓示として時代の動きに連動して生み出されてきています。これからも、増えていく予定です。この美しいボトルたちは、感覚を広げて光の元に向かっていく際に、強力なサポーターとして活躍しています。

◎オーラソーマのセッションメニューは、こちらをご覧下さい。→ 4-bottles


カバラと 72人の天使

<カバラと72人の天使>   72 Angels

●72Angelの名前をヘブライ語でトーニングするセッション

どんな方にでも、その人を守護する3人の天使がいるのだそうです。人生の様々な局面で、エンジェル達は、あなたを助けてくれています。そのエンジェル達と親密になっていくことで、人生は楽しくなり、そして困難に出遭ってもくじけずに、エンジェル達の助けを得ながら、乗り越えていくことができます。

そんな、あなたを守護している3人のエンジェル達が、誰なのかを導きだして、より強く繋がっていけるよう、エンジェルの名前で、トーニング(音による調整)をしていきます。

また、エンジェル達の本質でもある、ヘブライ語の名前も導きだすことができます。そして、ヘブライ語によるトーニングも行っております。

自宅に戻ってからも忘れないように、「エンジェルシール(=表)」の作成もしておりますので、それを見ながら、自分で名前を呼んでコンタクトしていくことが出来ます。

さらに深い気づきをご希望の場合には、4本のイクイリブリアムボトルを選んでいただき、「カバラ数秘」や「スリースター」など、あなたの潜在力を探るオーラソーマの基本セッションをプラスすることもできます。

◎詳しくは、こちらのページをご覧下さい。→ 72-Angels


 パーミストリーケア  Palmistry Care with Aura-Soma

< パーミストリーケア with オーラソーマ >

「パーミストリー(Palmistry)」とは、「手相」のこと。
手は「第二の脳」と呼ばれ、とても繊細な機能を持っています。誰しもが毎日使う部位でもあります。そして、手相と呼ばれるシワは、日々変わっていくのも、皆さんご存知だと思います。

「パーミストリーケアw/オーラソーマ」では、その手相の象徴にふさわしい、オーラソーマの良質なプロダクツを用いて、ソフトにケアしていきます。そうすることで、ボディやオーラの繊細な感覚に働きかけ、また間接的にも脳をリラックスさせ、なんとも不思議なくらいに、不調が改善されたり、思考や感情がすっきりしたり、視力がクリアになったりしてきます。

オーラソーマの高波動のエネルギーで、手相を「健やかに」ケアしていくことで、本当の明るい光の本質を思い出し、サトルボディ(精妙な身体)が開いてくるような気がしています。ぜひ多くの方に、このミラクル体験を、味わって頂きたいと願っています。

◎詳しくは、こちらのページをご覧下さい。→ Palmistry